読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DaiChanのブログ

文系大学生DaiChanの雑記ブログです。

僕が送ってきた大学生活 〜アルバイト、そして休学の話〜

こんばんわ。今日からこのブログをスタートします、DaiChanと申します。

簡単な自己紹介をさせていただきます。僕は現在22歳です。

現役の大学生ですが、今年の4月から大学を休学しているため、学校からは半年くらい遠ざかっています。

 

今日は僕の大学入学から現在までを簡単にお話ししたいと思います。

僕は3年前に高校を卒業してから、地元の大学に進学しました。

 

家庭があまり裕福ではなかったため、奨学金だけでは学生生活をスムーズに送ることが難しかったため、すぐにアルバイトを始めました。

最初にやったアルバイトは大学の近くのスーパーマーケットでの品出しの仕事でした。アルバイトといっても、1ヶ月に100時間以上はシフトで組まれ、残業もほぼ毎日あったので、結構働いていました。

繁忙期には160時間近く働きました。ややブラックでした(笑)。学業とアルバイトの両立は、容易ではなかったものの、努力を続けたおかげで、それなりに良い成績を維持できていました。

 

そんな感じで、大学の前半の2年間が終わりました。3年次からは、ゼミにも所属するので、これまでやっていたよりも、より本格的に勉強に取り組まなければならないと思い、約2年間続けたスーパーでのアルバイトを退職を決断。

高校を卒業したばかりの世間知らずの僕は、無防備な状態でこのバイトをスーパーに勤務していたので、2年間も経つと、立派な社畜になっていました(笑)。

残業も全く文句を言わずにやる、言いつけられた仕事をなんでも最後までやる、そんな僕は、自分で言うのもあれですが、社員やパートのおばさんたち、そして同じアルバイト生からかなりの信頼を得ていたため、「学業に専念するために退職します」と言った時にも、誰にも咎められず、むしろ応援されました。そして、退職の際には、お菓子やらビールやら(スーパーなので(笑))たくさんのプレゼントをもらいました。

 

そして、別のアルバイトを始めました。ショッピングモールの専門店でのアルバイトです。現在もそこで働いています。

前のところと違って、社員と契約社員、そして学生アルバイトをきちんと使い分ける、すごく分別のある会社です(笑)。勤務も月に80時間くらい。そして何より、急な残業をお願いされることが一切ありません。前のバイト先の文句を言うつもりはないですが、これがまともな会社なんだなー、って感じました(笑)。

 

さて、アルバイトの話はこれくらいにして、大学での生活についても少しお話ししたいと思います。僕は文系の学生で、政治学を専攻しています。第一志望で入学したところではないのですが、今までのところは学業をとても楽しんでいます。また、周りにも勉強を楽しんでいる人がとても多いので、張り合いもあります。

 

3年次から始まったゼミでは、国際関係を中心にさらに勉強を進め、充実した日々を送っていました。しかし、僕はそこで少し考えました。

「このまま卒業してしまうのはなんだかもったいないな〜」そして、3年次を終えた後に、1年間大学を休学することにしたのです。休学期間に何をするのか、具体的に決めることもなく、予定通り休学の手続きを終えて、今年の4月から大学を休学しているところです。

 

もう9月になってしまうのですが、休学してから何をするのかをちゃんと決めていなかった、そしてもともと家庭があまり裕福ではないので自由に使えるお金に限りがあった、ということもあって、まだ特に何も出来ていない状況です。少しだけ焦ってます(笑)。

 

ただ、少し真面目な話しをすると、大学に入学してから3年間、バイトも学業も必死に頑張ってきたわけですが、3年間をあまりにも忙しく過ごしたために、自分が何をやりたくてこんなに忙しい生活を送っているのかが分からなくなっていたのです。そこで、自分自身の大学生活を一度リセットしたいと思い、休学に踏み切ったわけです。

 

家庭も裕福じゃないのにあまえてる場合かよ!という意見も親戚から少しありました。確かにそれは正論だと思います。しかし、裕福じゃないながらもせっかく大学に入学させてもらって、また、自分もそこで必死に頑張ってきたので、卒業する時に後悔するようなことはしたくないと思いました。これまで僕を応援してくれた周りのためにも、そして自分のためにも。

 

何をやりたいのかについては、人に言えるほど明確なかたちにはなっていませんが、一応あります(笑)。なので、残り半年間の休学期間、きちんと過ごそうと思います。

 

今日はこの辺でペンを置きますが、アルバイトや学業の話について、また次回以降また詳しく書いていければと思ってます。